FODの同時ログインは何台まで?同時視聴・アカウント共有の注意点

FODプレミアムは、スマホやパソコン、テレビから視聴できるので色々な端末で映画やドラマを楽しむことができます。

VODの中には、同時視聴できないものもありますがFODプレミアムなら、複数人、複数デバイスで利用可能です。

ただ、家族や友人とアカウントを共有する場合には注意点もあります。

この記事では、FODプレミアムを別端末から同時視聴するときの注意点、登録デバイス数が制限を超えた場合の対処方法を説明していきます。

FODプレミアムが同時にログインできる人数・デバイス数

FODプレミアムは最大で5台まで別のデバイスから視聴できます。

家のパソコン、自分のスマホだけでなく、家族のスマホからでもFODプレミアムが視聴できちゃいます。

正確には、FODへのログイン自体についてはデバイス数には制限はありません。

ただ、同じ時間に作品をストリーミング再生できるデバイス数は5台までと制限されています。

FODのログインデバイス数を超えた場合

もし、6台目以降の機器で動画を再生しようとするとエラー表示がでます。

ログインできるデバイス数を超えているため、視聴デバイスの履歴を削除しなくてはいけません。

FODの登録デバイスを削除する方法

視聴デバイスの履歴は、FODにログインしていないと表示されないので、現在ログインできるデバイスから行いましょう。

FODで視聴デバイスの履歴を消すには、「マイメニュー」へいきます。

マイメニューから、「視聴デバイス履歴」へいくと、使用しているデバイスの一覧が表示されます。

利用していないデバイスを履歴から削除して、5台以下になるように調整していきましょう。

視聴デバイス履歴を5台までなら、何件でも履歴を消せますが、5台以下から履歴を消すのは週に1台までとなります。

同時ログイン、アカウント共有の注意点

FDOは同時に別端末からのログイン、動画の再生ができます。

ただ、アカウントを家族と共有する時には注意点もあります。

デバイス数はブラウザごとにカウントされる

まず、FODプレミアムへログインできる端末の台数は5台までですが、実は、デバイスではなくブラウザごとにカウントがされます。

つまり、1台のパソコンでもGoogle ChromeとSafariの2つのブラウザでログインしていれば2デバイスとなります。

スマホ、パソコン、タブレットなどの複数のデバイスで FODを視聴している、家族や友人とアカウントを共有している場合には注意しましょう。

また、FODにはスマホアプリもあります。
もちろんアプリでの利用も1デバイスとしてカウントされます。

加えて、動画のストリーミングだけでなく、FODプレミアムで利用ができる雑誌の読み放題サービスも対象です。

1人でFODを使っているなら5台を超えるケースは少ないかもしれません。

使いたい時にデバイス数の上限にひっかかってすぐに利用ができないと面倒なので、こまめに視聴デバイス履歴を管理するようにしましょう。

別端末からのログインにはIDとパスワードが必要

また、別々の端末からFODプレミアムにログインするには会員IDとパスワードが必要です。

つまり、家族でアカウントを共有して自由にログインできるようにするためには、IDとパスワードを教えておかないといけません。

一度、ログインすれば、ログアウトしない限りは、IDとパスワードが再度必要になることはないでしょう。

ただ、家族だからと言ってID、パスワードを共有するのはあまり良い状態ではありません。

特に、FOD以外のサービスのアカウントを利用して登録をしている場合には注意が必要です。

FODの会員登録に、ヤフーや楽天のIDを使っているなら、それらのサービスのIDを教えなくてはいけないということです。

家族とアカウントを共有するなら、FOD登録用のアカウントを作るか、共有しても問題ないIDを使うことをおすすめします。

まとめ:FODプレミアムは同時視聴できてコスパ高い!

FODプレミアムは、最大で5台までの別デバイスから動画を再生できます。

月額888円+税を5人で利用するなら、1人あたり200円程度になります。

料金自体も高くない上に、家族でアカウントを共有するのであればかなりコスパは高いと言えます。

通常のプランで複数デバイスからの同時視聴ができるVODは多くないので、FDOプレミアムならではのメリットです。

Huluの場合だと、マルチプロフィールという機能で家族用のプロフィールは作成できますが、別の端末から同時にストリーミング再生はできません。

フジテレビのドラマも多く、他のVODにはないドラマがたくさんあるので国内ドラマが充実しているVODを探している方にもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする